会長あいさつ

弊社の歴史は、昭和59年6月に私が所有していた賃貸不動産を管理するための会社を設立したことが出発点です。当時は高度成長期に入る直前であり、それから約10年間は、不動産業界はもちろん建設業界も好景気に湧いていた時代でした。弊社も建設業者登録をして前職の三井建設株式会社を始め、鹿島建設株式会社、大成建設株式会社の協力業者として大きな実績を作らせて頂きました。弊社が今ここにあるのは、これ等ゼネコンの社員の皆様に弊社を応援して頂いたおかげであると、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

しかし、時代の変遷は早く、平成15年頃から、公共事業費の縮小が始まり多くの建設業者は淘汰される時代になりました。その影響で、多くの技術者や専門職の人々が建設業界を去って行った事は大変残念に思います。

現在、私たち建設業界は技術者不足、専門職不足に直面していますが、これはその時代の技術者、職人の業界離れが原因の1つであると思います。
日本は今、高度成長期も終り、成熟期にあると言われています。このような成熟社会に於いて私達は何をすれば社会に貢献できるのか、これまで考えてきましたが、弊社は以下の仕事に於いて安心安全で豊かな社会づくりに貢献したいと思います。
(1)老朽化したインフラ整備の調査業務
(2)優秀な技術者の派遣業務
(3)ITを駆使し、心のこもった不動産賃貸管理業務

弊社は「誠実・迅速・創意工夫」を旨として、お客様に喜ばれるような仕事をすることをモットーとしています。今後とも御指導の程、よろしくお願い申し上げます。

平成29年12月1日
アーバンネット株式会社
会長